M-Vロケット

更新:2002年7月

 Mu(ミュー)ロケット計画は、バンアレン帯の外を探査するためのロケット開発として始まりました。それは、科学衛星の打ち上げによって発展し、ついにM-Vロケットを製造するに至りました。

 初代のMuロケットは4段式のM-4S で、1971年と1972年に衛星を打ち上げました。 2代目は、3段式のM-3Cロケットでした。M-3Cは、1974年に「たんせい2」、1975年に「たいよう」、1979年に「はくちょう」を打ち上げています。 3代目はM-3Hで、1970年代後半の打ち上げに使われました。 次のM-3Sは、1980年代初期、「たんせい4」、「ひのとり」、「てんま」、「おおぞら」の打ち上げに成功しています。

 5代目のロケットは、M-3SIIでした。1段目モータはM-3Sと同じものを使用し、2・3段目モータを新たに開発しました。この改良によって、ロケットの打ち上げ能力を向上させています。 M-3SIIは最初に2つの衛星を打ち上げました。それが日本最初の惑星間探索機、「さきがけ」と「すいせい」でした。2つ共、ハレー彗星を調査するために、1985年に打ち上げられました。その時以来、「ぎんが」、「あけぼの」、「ひてん」、「ようこう」、そして「あすか」と、全てM-3SIIによって打ち上げています。M-3SIIの最後に予定されていた「EXPRESS」は、1995年1月に打ち上げられました。

 M-Vロケットの予算が認められたのは、1990年です。 M-Vは3段式 (+キックモータ ) の固形燃料ロケットで、 地球低軌道に1800kgの衛星を、「はるか」のような超楕円軌道に800kgの衛星を載せることができます。M-Vは、その最初の2段部分のみで、M-3SII全体と同程度の燃料を使用します。 M-Vロケットの地上燃焼試験は、能代ロケット実験場で、1994年から1995年にかけて行われました。

 M-Vロケットには、様々な新素材・新技術が採用されています。新技術の試験、M-Vロケットの構成・展開図はこちらからご覧になれます。

  関連記事
  ・ISASニュース 「M-V」特集号 (No.194 1997.5) 


L-4S M-4S M-3C M-3H M-3S M-3SU M-V
全長(m) 16.5 23.6 20.2 23.8 23.8 27.8 30.7
直径(m) 0.735 1.41 1.41 1.41 1.41 1.41 2.5
全重量(ton) 9.4 43.6 41.6 48.7 48.7 61 139
打ち上げ能力(kg) 26 180 195 300 300 770 1800


詳細は ロケットと発射装置 のページを参照してください


VSOPトップページへ